企業情報

山六給食株式会社について

昭和34年より社員食堂委託を開始し、食文化の多様化に伴い昭和39年には、ランチサービス(仕出し)事業部を設立する。平成13年度より学校給食部を設立し今に至る。東日本大震災において農林水産省と協力し、気仙沼の避難者5,000人分のお弁当を製造し支援致しました。

スライドすることで閲覧できます

所在地 東京都 大田区 蒲田1丁目26番6号
代表者 代表取締役 山﨑 純一
学校給食部責任者 代表取締役 山﨑 純一
仕出弁当部責任者 常務取締役 山﨑 大作
連絡先 TEL:03-3736-0110
FAX:03-3736-0194
E-Mail:bento@yamaroku86.co.jp
資本金 三千万円
従業員数 全体:220名
うち調理師資格所有者数:社全体で59名
栄養士資格所有者数:社全体で15名
火気取扱い所有者数:社全体で10名
実績

仕出し事業部

昭和39年 オフィス向けランチサービス立ち上げ(現在日食数3000食)
平成 5年 全国VCハローランチ加盟
平成12年 幼児向けランチサービス立ち上げ(現在日食数300食)
平成22年 資本金を千五百万円から、三千万円に増資。
平成23年 東日本大震災において被災した避難者5000食のお弁当の提供続けた
平成24年 農林水産省大臣より感謝状を授与

学校給食部

大田区内 調理業務委託 現在5校
江戸川区内 調理業務委託 現在2校
川崎市内 調理業務委託 現在2校

企業食堂委託

平成15年より郵便事業(株)目黒支店・銀座支店にて食堂委託
他委託経験有

経営理念

山六給食で働く全従業員は「お客様の命を預かっている」意識を常に持ち続け行動することと、安全を絶対とし、衛生管理には弛まない努力と実行が必要である。  安全は安心を生み、信頼が芽生える。「お客様の命を育んでいる」意識を常に持って、楽しみの尽きない食の提供を行うこと。味や技術への探究心を持ち研磨すること。食べる事の楽しさの為に、バラエティの富んだ枠にはまらないメニューをたてること。震災時発生時には、困っている方々の為に積極的にフォローする奉仕の精神。信頼・楽しみ・奉仕の精神をもって、日本の食文化に貢献できる会社となる。

当社のこだわり

健康管理

  • 年一回の健康診断
  • 月一回の検便検査、どちらも全従業員実施
  • 月一回専属の先生による工場の衛生講習会及び指導を実施。

作業前検査

  • 作業前に、自分及び同居者の身体の状態の確認や、検温の実施
    ※従業員一人一人の努力の結果、昭和39年の仕出し事業部設立より、現在に至るまで食中毒を起こしておりません。

アクセスマップ